飲み物が歯の黄ばみに繋がることも

私たちは毎日、必ず何かしらの飲み物を口にして生きていますね。
実はその飲み物が原因で歯の黄ばみが起こっていると考えたことはありませんか?

 

歯の黄ばみの原因として最も有名なのはタバコであり、
他にも食べ物によって黄ばむ話が知られていますが、
飲み物の中にも歯の黄ばみを起こしやすいものが存在しています。

 

ここでは、歯の黄ばみにつながりやすい飲み物について、お話していくことにしましょう。

歯の黄ばみを起こす飲み物とは…?

歯の黄ばみを起こしやすい飲み物として代表的なものといえば、
赤ワイン、コーヒー、紅茶などと言われています。

 

では、どうしてこれらの飲み物によって、歯の黄ばみが起こってしまうのでしょうか。

 

その理由は、これらの飲み物に含まれている色素成分「タンニン」にあります。
この「タンニン」とは色素成分であるため、歯に付着すると色をつけてしまいやすいわけです。

 

このように歯の黄ばみを起こしてしまいやすい飲み物は、基本的に色が濃いものに多く見られます。

 

そのため、白い歯を保つにはできる限り
色の濃い飲み物を控えるようにするのが一番ですが、それはなかなか難しいことですね。
むしろ、無理に我慢してしまうとストレスにつながって別のトラブルを起こしかねません。

 

最近は、自宅でも簡単にホワイトニングが行えるような時代となっています。
自宅で可能なホワイトニング法さえ身につけていれば、
日頃から白い歯を保つための対策をしていくことができるのです。

 

こうした習慣を続けていれば、
歯の黄ばみに悩むことなく毎日快適な日々を過ごしていくことができるでしょう。

 

飲み物ではを黄ばませないポイントとは?

コーヒーや紅茶、赤ワインなどを飲むのが好きな人は少なくないでしょう。
仕事の合間にコーヒーや紅茶で一服したり、
一日の終りに赤ワインを飲みながらゆったりしたり…ということを楽しみにしている人は多いと思います。

 

そこで、このような色素沈着をさせやすい飲み物を飲んだ時に、
歯を黄ばませないようにするポイントをご紹介しましょう。

 

方法は簡単です。
色素の強い飲み物を飲んだら、直後に軽く歯磨きをする習慣をつければいいのです。
このような習慣をつけることで、歯に付着した色素を定期的に落としていくことができるため、
歯が黄ばみにくくなります。

 

もし職場などで歯磨きをすることが難しいという場合は、水で口をゆすぐだけで構いません。
これだけでも歯の表面に付着した色素を落としやすくなります。

 

 

このように、歯を黄ばませてしまう飲み物は色々とありますが、
飲んだ後少し工夫するだけで歯の黄ばみを防いでいくことができます。

 

ホームホワイトニングと合わせて習慣にしていけば、いつまでも白い綺麗な歯を維持しやすくなるでしょう。
人から羨ましがられるような白い歯を維持するためにも、
歯のケアは人一倍気を付けていくように心がけてみてくださいね。