食べ物も歯の黄ばみの原因に?

歯の黄ばみに繋がる原因として
最もよく知られているのは、タバコのヤニではないかと思います。

 

でも、実は食べ物の中にも
歯の黄ばみに繋がるものがあることをご存知でしたでしょうか?

 

ここでは、歯の黄ばみの原因に
なりうる食べ物についてご紹介していきたいと思います。

食べ物で色素沈着が起こる

食べ物の場合、色の強いものを食べると色素沈着という現象が起こります。
これによって、白い歯が色付けられ、黄ばみになってしまうというわけですね。

 

黄ばみを起こしやすい食べ物として、代表的なものがカレーです。
服に付着してしまったときのことなどを考えてみると、
確かに色付きは強力なものですね。

 

もちろん、カレーの他にも黄ばみの原因につながる食べ物は色々存在しています。
それでは、具体的にどのような食べ物が黄ばみに繋がるのでしょうか。

 

ここでは、代表的な食べ物をいくつかご紹介していきたいと思います。

マッシュルーム

意外かもしれませんが、キノコの1つであるマッシュルームは、
歯の白さを消してしまうおそれがある食べ物と言われています。
白い歯をキープするためには、食べすぎないように注意しましょう。

 

ベリー系の果物など

クランベリーやイチゴ、ブルーベリー、ぶどう、ざくろなどなど…
どれも服につくと濃い色をつけてしまうものばかりですね。
これらのフルーツは歯の黄ばみを起こしやすいと言われています。

 

白い歯をキープするなら、頻繁に食べるのはやめておきましょう。
また、これらの100%ジュースなども歯を黄ばませやすいです。

 

カレーパウダーとスパイス

上記でも紹介した通り、カレーパウダーやターメリック、ウコンなどのスパイスは、
歯に色を付けやすいので注意が必要です。
食べた場合は直後に歯磨きをして、
歯に付着してしまった色素をなるべく落とすように心がけましょう。

 

ナッツ類

これも意外でしょうが、歯の黄ばみを作りやすい食べ物と言われています。
実際、ナッツは昔から染め物をする時や、インクとして使用されていた歴史があるほどです。
つまり、それだけ色を付けるスキルが備わっている食べ物というわけですね。

 

お酒のおつまみや、おやつなどについついたくさん食べてしまう人は少なくないでしょう。
でも、それが白い歯を黄ばませてる原因かもしれません。
できるだけ控えたり、食べたあとは歯磨きをしたりして色素沈着を防ぎましょう。

 

 

このように、食べ物の中には意外と黄ばみを起こしてしまうものが存在するわけです。
どれも普段から普通に食べているものばかりなので、驚いた人は多いと思います。
つい食べ過ぎているものがある場合は、できるだけ控えて歯の黄ばみを防いでいきましょう。

 

制限するばかりじゃなく、定期的なホームホワイトニングを!

しかし、白い歯を保つために食べ物の制限ばかりしていたら、
栄養不足につながって大変なことになりますよね。

 

そこで、日頃から自宅で手軽に行えるような
ホワイトニングを続けていくことが必要なわけです。

 

自宅で行えるホワイトニングの習慣さえついていれば、
このような歯を黄ばませやすい食べ物を食べていても全く問題はありません。
ただし、ホームホワイトニングもやり過ぎは良くないので、適度に続けていくようにしましょう。

 

ちなみに、ホワイトニングの他にも、適度に歯磨きをする習慣を付けるだけで、
歯の黄ばみを抑えていける可能性が高くなります。

 

色素沈着しやすい食べ物を食べたあとは、
歯磨き粉をつけなくても良いので必ず軽く歯磨きをするようにする…と、
これを習慣にしていくだけでも違ってきます。

 

普段からきちんとしたケアを続けていくことで、
食べ物による黄ばみは大幅にカットすることができますから、積極的なケアを心がけていきましょう。