ホワイトニングによる副作用の心配は?

歯をキレイにするための手段として、近年注目されているホワイトニング法。
興味を持っている人も多いと思いますが、そこで気になってくるのが
「副作用の心配はないのか」ということではないでしょうか。

 

いくら歯が綺麗になっても、
副作用の心配があるとなればなかなか手を出すことはできませんよね。
それでは、ホワイトニングでの副作用についてのお話をしていきたいと思います。

安全性の高いホワイトニングだけど…

基本的に、ホワイトニングは安全性が高いと言われています。

 

しかし、間違った方法でホワイトニングを行ったり、
過剰にやりすぎてしまったりすると、思わぬリスクを負うことになりかねません。

 

そのリスクとして最も懸念されているのが、知覚過敏です。

 

知覚過敏というのは、歯の表面にあるエナメル質が薄くなってしまうことで起こりやすくなる症状です。
この状態になると、特に虫歯などではなくとも、熱いものや冷たいものが歯にしみてしまうようになります。

 

このような知覚過敏の副作用は、特にすぐに効果を得たいからといって
過剰にホワイトニングをしすぎたり、間違ったやり方をしてしまった場合に起こりやすくなります。
そのため、こうした副作用には気をつけて、ホワイトニングケアを行うようにしていきましょう。

 

とはいえ、普通に規定の回数を守ってホワイトニングケアを行っていれば、
知覚過敏の副作用を起こしてしまうこともないでしょう。

 

こうした副作用を起こさないようにするためにも、
ホワイトニングケアは必ず規定の回数や時間などを厳守するようにしてください。

 

早く白くしたいがために自分で勝手に時間を長くしてしまったりすれば、
歯に大きな負担をかけることになるでしょう。

 

なんでもそうですが、度が過ぎるのは良くないですからね。

 

ホワイトニングの後に歯がスースーすることも…?

ホワイトニングを行う場合、最初にデンタルクリーニングを行うことになるでしょう。
デンタルクリーニングとは、歯と歯の間や歯周ポケットにたまってしまった歯石を取り除く治療のことです。

 

歯石は放置しておくと虫歯や歯周病の原因となる他、口臭の原因にもなってしまう厄介なものです。
また、歯石などの汚れがついたままホワイトニングを行うと、
汚れがホワイトニングで使う薬剤の成分を吸ってしまい、効果が半減してしまうことになりかねません。
そのため、ホワイトニングを行う前にデンタルクリーニングを行うわけですね。

 

デンタルクリーニングをすると、それまで歯と歯の間などに詰まっていた歯石が全て取り除かれるので、
行う前に比べて歯がスースーした感覚に陥ることがあります。

 

それまでスースーしていなかったところまでそんな感覚がするため、
「もしかして歯が削れてしまったんじゃ…」と思い込んでしまいやすいのですが、
その心配はないので安心してください。

 

それまでは歯石が付着してたことで歯の面積が広がったり、
歯と歯の間の隙間が塞がっていただけなので、決して歯そのものが削られてしまったわけではないのです。

 

むしろ歯石を定期的に取ることで、虫歯や歯周病・口臭を防いでいけるので、
できればホワイトニングケアに加えてデンタルクリーニングも定期的に行っていくようにしましょう。

 

 

ホワイトニングは基本的に副作用のないものです。
ですが、神経質になりすぎて、必要以上にホームホワイトニングなどをやりすぎてしまうと、
それが原因で知覚過敏を起こしてしまうなど、副作用に繋がる恐れもあります。

 

やり過ぎには注意して、毎日コツコツ続けていくことで白い歯を手に入れていきましょう。