重曹で歯磨きは続けるのは危険!

自宅でできるホワイトニング法として、重曹を使って歯磨きをする、
というケア方法をっ耳にしたことがある人は多いのではないかと思います。

 

重曹はお掃除に使っても非常に効果が高いことから、
歯を白くするには非常に効果的と考える人は多いことでしょう。

 

しかし、実はこの方法…何度も繰り返していると
大変危険な結果が待ち受けてしまうことになりますので注意が必要です。

 

実際に重曹を使って歯磨きをしてみると、確かに歯が白く綺麗になってくれます。
しかし、これは一時的なものです。しばらくすればまた歯は黄ばみが出てきてしまいます。

 

しかし、だからといって何度も何度も
重曹で歯を磨いていると、大変なことになりかねません。

 

重曹には強い研磨力があります。
そのため、重曹で歯を磨いているとこの力によって
どんどんエナメル質が削られてしまうことになるのです。

 

エナメル質は歯を虫歯から守っている、非常に大切なものです。
そのため、ここが削られてしまうとどんどんその下の象牙質がむき出しになりやすくなり、
虫歯にかかる可能性が非常に高くなってしまいます。

 

また、重曹によってエナメル質が削られていくと、
歯の表面にはたくさんの凹凸ができることになります。

 

その結果、その部分に黄ばみの原因となる色素が
付着しやすくなってしまうことにもつながるのです。

 

このように、重曹を使った歯磨きは一時的なホワイトニング効果を発揮するものの、
歯に大きな負担をかけてしまうものとなっています。

 

せっかく白い歯を手に入れても
虫歯などのリスクが高くなってしまっては元も子もありません。

 

自宅でホワイトニングを行うのであれば、
歯に負担をかけずに行えるものを選ぶようにしていきましょう。