ホワイトニングは歯の表面を傷めないのか?

歯を白く綺麗にできることで知られているホワイトニング。

 

最近多くの人から注目されているケア方法ですが、
「ホワイトニングって歯の表面を削ってしまったり溶かしてしまう恐れはないの?」
という疑問を抱いている方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

でも、そのような心配をする必要は一切ありません。
ホワイトニングは歯の表面を溶かすわけでもなく、削るわけでもなく、
安全な方法で白くしていくことができるものなのです。

 

安全に白さを作るホワイトニング

「ホワイトニングをすると歯の表面が削れてしまうんじゃないの?」
そんな風に誤解している人は少なくないようです。

 

でもこれは、メディアでホワイトニングのことが取り上げられるようになって、
多くの人にホワイトニングが広まるようになったことで生じた「間違った認識」です。

 

たしかに、ホワイトニングをすると歯は透明度が上がり、白く綺麗になります。
そのため、あまりにも綺麗になりすぎることから、
ホワイトニング=歯を削っているというイメージがついてしまったのでしょう。

 

でも、基本的にホワイトニングは、歯を削ることで白くするものではありません。
簡単に言えば、化学的な力を利用して歯を白くするものです。

 

ケアをする際にはホワイトニング剤というものを使用しますが、
これに含まれている薬剤によって、歯に付着してしまっている着色物が分解されることになります。

 

さらに、この時使うホワイトニング剤は、
元々歯周病の治療で使われていた薬剤と成分が同じです。
歯周病の治療で歯を綺麗にするために使っていたことから、
ホワイトニング効果が期待できるということが分かって、今に至っているのです。

 

こうした技術によって白い歯を作り出すのが、ホワイトニングの仕組みですので、
表面が削られてしまうなどの心配はないわけです。

 

オフィスホワイトニングで歯がムズムズしたり痛むことがあるって本当?

歯科医院で受けられるオフィスホワイトニングを行った人の中には、
「ホワイトニングをしたら歯が痛かった(またはムズムズした)」
という感想を持っている人もいらっしゃるようです。

 

こんな話を聞くと、
「やっぱりホワイトニングって歯に負担がかかるんじゃ…」と思ってしまうところですが、
このような事態に遭遇しやすいのは、冷たいものや熱すぎるものなどが、
歯にしみてしまう知覚過敏に悩んでいる人が多いようです。

 

オフィスホワイトニングでは、歯の表面にホワイトニング剤を塗布した後、
ライトを照射したりするので、歯の表面の温度が上昇しやすくなります。

 

その結果、温度が上昇したことで歯に痛みを感じたり、
ムズムズしたりする可能性があるのです。

 

元々知覚過敏に悩んでいる人は、
ホワイトニングをする前に知覚過敏の治療を済ませておくことをおすすめします。

 

また、病院によっては歯の表面温度を上げない方法で、
ホワイトニングを行ってくれる所もあるので、まずは医師に相談すると良いでしょう。
あるいは、歯の表面温度を上げる施術を必要としない、
自宅でできるホワイトニングを行うことをおすすめします。

 

おすすめのホワイトニング歯磨きはこちらから

 

オフィスホワイトニングよりホームホワイトニングの方が負担が小さい?

ホワイトニングで最も有名なのは、
オフィスホワイトニングと呼ばれる歯医者さんなどで行うものでしょう。
しかし、このような場所で行われるものの場合、
化学製品が多く入っていたり研磨剤が使われていることも多いようです。

 

一方、自宅で行えるホワイトニングで使われている薬剤の場合、
気になる化学製品などの使用されている量が少なかったり、
研磨剤が使われていないなど、安全面が重視されています。
これなら、成分について気になっているという人でも、安心して続けていくことができますね。

 

 

このように、ホワイトニングは歯の表面を削ったりして行うものではありません。
特に自宅でできるホワイトニング材は素人でも安心して使えるように工夫されていますから、
是非チャレンジしてみることをおすすめしますよ。