自宅で行うホワイトニングは効果が長持ち?

黄ばみのある歯を白くするための施術として知られてきたホワイトニング。
アメリカから始まったその技術は、今ではすっかり日本でも馴染みのものとなっています。

 

歯が白いことは、その人の第一印象をよくすることにもつながります。
また、黄ばみがないということは、汚れがないということにもなりますから、
歯の健康を保つ意味でも役立つでしょう。

 

このような良い影響を与えてくれるホワイトニングに興味を持つ人は増えているでしょう。

 

そんな人たちにとって気になることといえば、
「ホワイトニングによる効果はどのくらい持続するものなのか」
ということではないでしょうか。

ホワイトニングはどれくらい長持ちするの?

ホワイトニングによる効果がどの程度持続するのかは、
ホワイトニングの方法によって異なります。

 

まず、歯科医院などで行うオフィスホワイトニングの場合だと、
2ヶ月から3ヶ月程度が基本のようです。

 

オフィスホワイトニングの場合、強力な薬剤を使用するため、
施術を行った当日から効果が実感できるという利点が存在します。

 

しかし、反面で薬剤によってかかる歯への負担が大きいこと、
持続時間が2ヶ月〜3ヶ月程度と短いというデメリットも存在するのです。

 

一方、自宅で行うホワイトニングの場合は、
オフィスホワイトニングのような即効性はありません。

 

自宅でのホワイトニングで使う薬剤は、
オフィスホワイトニングで使われるものほど強力ではないのです。
そのため、効果はすぐに現れるわけではなく、時間をかけて行く必要があります。

 

しかし、その分歯に与える負担は低いですし、
何よりオフィスホワイトニングよりも、効果が持続しやすいという利点があります。

 

この場合の持続期間は、大体半年から一年程度です。
もちろん、毎日のケアを怠らなければ、生涯持続していくことも可能でしょう。

 

よりホワイトニング効果を持続させるために…

ホワイトニングによって白くした歯を持続させるためには、
普段から歯のケアに気を遣っていくことが重要となります。

 

つい歯磨きをし忘れてしまったりしていませんか?
歯磨きを忘れていると、歯に付着した汚れがどんどん落ちにくくなっていきます。

 

毎回歯磨き粉を使って磨く必要はありません。
歯磨き粉を使うのは寝る前と起きた後だけでOKです。

 

それ以外のときは歯磨き粉を付けない状態で、
軽くマッサージするようなイメージで歯磨きをしてあげるようにしましょう。
こうするだけで付着した汚れをこまめに落とすことができるので、歯の白さを保ちやすくなります。

 

また、白さを保つためにオススメなのがホームホワイトニングです。
ホームホワイトニングなら、自宅でいつでもできるホワイトニング方法なので、
気になったら行うようにすればいつまでも白い歯を持続しやすいといえます。

 

オフィスホワイトニングに比べても安価でできるので、
常に白い歯を持続させていきたい…という人はホームホワイトニングをしていくようにするとよいでしょう。

 

おすすめのホワイトニング歯磨きはこちらから

 

ホワイトニング直後は食べ物・飲み物に気をつけて

特にオフィスホワイトニングの場合、ホワイトニングを行ってから24時間以内は、
歯に色素が付着しやすい状態となっていますので、食べ物や飲み物などに気を付けましょう。

 

珈琲や赤ワイン、紅茶などの飲み物やベリー類、カレーなどの食べ物は歯に色をつけやすいものです。
24時間以内に、これらの食べ物・飲み物を摂るのは控えるようにしてください。

 

また、タバコも歯にヤニが付着してしまい、色素を与えてしまう原因となります。
そのため、タバコを吸っている人は、ホワイトニングをしてから24時間以内は禁煙するように心がけましょう。

 

 

このように、ホワイトニングで一度白くした歯は、さまざまな工夫をすることで長持ちさせることができます。
その中でもやはりホームホワイトニングを定期的に続けていくことは、
最も白い歯を維持していきやすい方法といえます。
価格も手頃なので、ぜひ空いた時間を使ってホームホワイトニングを行っていきましょう。