歯の黄ばみの最大の原因はタバコ

白い歯に色がついてしまう理由として、最も代表的なのはタバコと言われています。

 

ヘビースモーカーの人の場合によく見られるのですが、
タバコをよく吸っている室内の壁をみてみると、黄ばんでしまっていることがあります。
これは、タバコのヤニによって着色されてしまっているのです。

 

つまり、タバコを吸っていると、歯にも同じような現象が起こることになります。
歯がヤニによって着色されてしまうと、黄ばんだような色となってしまいます。

様々な悪影響を及ぼすタバコのヤニ

しかも、タバコのヤニは、歯に色をつけてしまうだけではありません。
そのままにしておくと、不快なニオイを発するため、口臭にもつながってしまうのです。

 

更にタバコに含まれる成分が歯や歯茎に負担をかけるため、口内環境は悪くなりがちになります。
結果的に、様々な口内トラブルにつながる可能性も高くなるでしょう。

 

このように、タバコは歯の黄ばみの原因となるだけでなく、
様々な悪影響を及ぼす要因にもなりかねないものです。

 

また、タバコによる歯の黄ばみは、最も落としにくいものと言われています。
そのため、一度色づいてしまうと、なかなか普通に歯磨きをしただけでは落とすことができないのです。

 

しかし、自宅でできるホワイトニングケアであれば、
このような頑固な黄ばみもしっかりと落として白い歯を手に入れることができるでしょう。

 

白く綺麗な歯を保つには、毎日の正しいケアがカギとなります。
自宅でできるホワイトニングの方法を身につけて、歯の黄ばみを改善していきましょう。

 

注意!せっかくホワイトニングをしてもタバコのせいですぐに着色することも

オフィスホワイトニングでもホームホワイトニングでも、
薬剤を塗布してホワイトニングを行った直後は歯に色がついてしまいやすい状態となっています。

 

そのため、せっかくホワイトニングを行っても、終わった直後にタバコを吸ったりすると、
ヤニがそのまま歯にこびりついて、せっかく白くした歯が台無しになってしまう可能性もあるのです。

 

このように歯に色がつきやすいのは、ホワイトニングを行った直後から24時間以内と言われています。
そのため、24時間が経過するまではできるだけタバコを控えるようにしましょう。

 

タバコを吸う方は、24時間も吸わないのは大変かもしれません。
でも、せっかくホワイトニングで白くした歯を、すぐに汚してしまうのはもったいないことです。
白く綺麗な歯を維持するためにも、1日だけ我慢して、白い歯をヤニから守ってあげましょう。

 

もちろん、赤ワインやカレーなどの色素を付着させやすい食品も、
24時間経ってからでないと歯に色がついてしまいますので気を付けましょう。